水周りの配管トラブル

水が変色している

水の色が透明ではない場合、その色によって原因が変わります。
「白濁色の水が出る」場合は、水の中に空気が混ざっているだけの可能性が非常に高いです。
しばらく水を流しておくことで空気は消え、透明な水になります。
「赤っぽい水が出る」場合は、給水管の中にサビがついている可能性が考えられます。
長期間蛇口を開けていない場合、鉄サビが流れ出たために起こる現象です。
しばらく水を流したままにして透明な水になれば問題ありませんが、いつも赤っぽい水が出る場合は、
家の中全体の給水管が老朽化している可能性が高いです。
このような状態になってしまうと、大規模な給水管工事が必要になります。
集合住宅などでは、共有部分の給水管が錆びていたり、受水槽が老朽化している可能性もあります。
この場合は、管理人や管理会社に連絡をすることで対処してもらえるでしょう。
 
 
水が変な臭いや味がする
水が変な臭いや味がする場合は、「給水管にサビがある」「受水槽に藻が生えている」
「台風などの影響」などの原因が考えられます。
全て、使い始めの際に水をしばらく流したままにすることで改善される場合もありますが、
給水管にサビがあったり受水槽に藻が生えている場合は、清掃・修理・交換しない限り改善されません。
この場合も、水道修理専門業者に依頼したり、管理会社に連絡したりして対処する必要があります。