水周りの配管トラブル

配管から水が漏れる

水漏れする原因というのは、蛇口や配管トラブルにあります。
配管とは、公道の下に埋まっている「配水管」、そこから各建物に伸びる「給水管」、
使った後の汚水を流す「排水管」などを指します。
蛇口が原因の場合はネジを締め直したり簡単な部品交換したりして改善される場合がありますが、
配管トラブルとなると簡単に直せるわけではないため、水道修理専門業者に依頼する必要があります。
大元の配水管が破損している場合は、水道局に措置してもらう必要があるため各建物に責任はありませんが、
給水管以降は各建物の所有物になるため、各建物に責任があります。
各配管が水漏れする原因は主に、「経年劣化による亀裂や破損、腐食」、「汚れによるつまり」、
「配管の繋ぎ目のネジなどの緩み」
などが考えられます。
また、冬に気温が下がり、「配管が凍結したことで起こる破裂」や、「地震の振動によって破損する」
という場合もあります。
配管から水が漏れる場合は、配管が壁や床下に設置してあるため、
場所によっては大規模な工事が必要になる場合もあります。
つまりが原因で汚水が逆流する場合もあるため、そのときはつまりを取り除く中規模な清掃や工事になります。
どちらにしろ、自分で措置をするよりも専門業者に依頼する方が正しい措置をしてもらうことができます。
 
 水が出てこない

水が漏れてくる場合は水が出ていますが、中には、水が出てこないというケースもあります。
地震や近所の水道工事などで断水している場合は問題ありませんが、その他の理由で水が出てこない場合に
考えられる原因は、「集合住宅であれば受水槽の故障」、「給水管が凍っている」などが考えられます。
まずは原因追究するために、止水栓が閉まっていないかを確認しましょう。
止水栓が閉まっているだけなのであれば開けることで全ての蛇口から水が出てくるようになります。
しかし、止水栓が開いているのにも関わらず水が出ない場合は、集合住宅の場合、
受水槽の故障の可能性があります。
受水槽の故障の場合は、他の住宅でも水が出ないはずです。
水が出ない場合は、管理会社に連絡すれば速やかに対応してくれるでしょう。
給水管が凍っている場合も水が出なくなります。
気温がマイナス4℃以下になると、給水管は凍結しやすくなります。
寒い日はこの原因が考えられるため、タオルなどを給水管や蛇口に巻き、
その上からぬるま湯をかければ徐々に凍結が解けていきます。
外にある止水栓付近の給水管も同じようにすると良いでしょう。
このときに注意してほしいことは、熱湯をかけないことです。
熱湯を直接給水管や蛇口にかけると、破裂したりヒビが入ってしまいます。
 
 水の勢いが弱い

少しは水が出るが、水の勢いがいつもより弱いという場合もあります。
その原因は、「給水管の内部にサビが溜まっていて管の水が通る部分が狭くなっている」、
「土の中に埋まっている給水管に穴が開いていて水が漏れている」、
「蛇口の内部やフィルターにゴミが詰まっている」
ということが考えられます。
ただ単に止水栓の開き具合が弱い場合もありますので、まずは止水栓を確認してみましょう。
止水栓が最大に開いている場合は、上記の原因が考えられます。
「給水管の内部に錆が溜まっていて管の水が通る部分が狭くなっている」場合や、
「土の中に埋まっている給水管に穴が開いていて水が漏れている」場合は、
配管工事をする必要がありますので、速やかに業者に依頼しましょう。
給水管の素材に鉄を使用していることが多いため、錆びが付着しやすくなっているのです。
「蛇口の内部やフィルターにゴミが詰まっている」場合は、蛇口の内部を開けて部品を取り換えたり、
フィルターのゴミを取り除く必要があります。
自分でできない場合は、業者に依頼しても5,000円程度で済む場合が多いので、利用してみるのも良いでしょう。
 
 壁や床に水が滲みている

壁や床に水が滲みている場合も、いくつかの原因が考えられます。
主に、「屋根や外壁から雨漏りしている」、「給水管から水漏れしている」、
「排水管から水漏れしている」
ということが考えられます。
「屋根や外壁から雨漏りしている」場合は、屋根や外壁を修理することになるため、
リフォーム業者や外壁修理業者へ依頼することになります。
「給水管から水漏れしている」、「排水管から水漏れしている」場合は、
給水管や排水管の経年劣化や外部からの圧力による破損、ネジの緩みなどから水漏れしています。
築10年を過ぎると劣化している可能性が高いため、交換工事をする必要があります。

また、壁や床に水漏れのシミができてしまう場合があるため、配管修理が終わった後は
壁や床をしっかり乾燥させ、除菌した方が良いでしょう。
場合によっては、壁や床の修理も必要になる場合もあります。
乾燥・除菌をしないままでいると、そこからカビが生えたり、変形、変色する場合もありますので、
周辺のケアもした方が良いでしょう。
そして、壁や床に水が漏れ出している場合は、配管だけでなく、
壁や床の修理代金も必要になるため、費用が高額になる場合がほとんどです。
火災保険に加入していれば水漏れの事故を補償してくれる場合がありますので、
保険の補償内容を確認して利用
しましょう。




  横浜の水道トラブル・水道修理・水道工事

横浜 トイレ水漏れ